コンテントヘッダー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンテントヘッダー

【大樹】クリスマスツリー点灯☆

・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
大樹 森クリニックでは本日、
クリスマスツリーを出しました
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・
20171207_114821.jpg

そして受付前でいつも皆さまをお出迎えしている
くまモンもクリスマス仕様にp(*^-^*)q
20171207_114858.jpg
写真に写ると少し怖いくまモンも皆さまのご健康を
祈りながら見守っています(笑)💛

大樹町はついに雪が本格的につもり
足元が悪くなってきています。ぜひ、足元にはお気を付けください。

投稿者:M
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

【大樹】ヒートショックにご注意((+_+))

♥(*^_^*)寒さは厳しくなってきたこの時期に気を付けていただきたいのが
ヒートショックです。みなさん聞いたことはあると思いますが
実際に注意している方は少ないのでは?
今回はそんなヒートショックについてご紹介いたします。

(○´・Д・`)ノ???ヒートショックとは?
ヒートショックとは、急激な温度変化が身体に及ぼす衝撃のことで、血圧の急変動、脈拍数の急増などの症状を引き起こします。高齢者や高血圧の人にとっては、心筋梗塞や脳血管障害などにつながり、命取りになりかねません。

こんな時に注意!!
1.寒い脱衣場や浴室に入り、脱衣や身体を洗うなど身体を動かすと血圧は急激に上昇します
2.浴槽に入る時には熱い湯に触れた影響で心臓の負担が大きくなり、血圧は上昇します。
しかし、湯につかっていると温熱効果で血流がよくなり、血圧は急激に下降します。
3.温まった身体で寒い脱衣室に戻り、着衣行動で体を動かすことによって血圧は上昇します。
image[1]

ではでは、ヒートショックにならない工夫は?
①高齢者は二番湯に入る!!
「年寄りにさら湯はいけない」とは昔から言われてきました。家族が入浴した直後に二番湯に入れば、温まった浴室で低い湯温で入浴できることから、高齢者の入浴事故を防ぐための生活の知恵とも言えそうです。

②シャワー給湯がおすすめ!!
シャワー給湯。フックを取り付けるなどして、なるべく高い位置から給湯すれば、お湯と空気の接触面積が広がり、効果的に浴室温度を上昇させることができます。実験によると、シャワー給湯により浴室温度は15分間で約10℃上昇させることができます(*≧∪≦)

わたしも今年の冬から実践していきたいと思います!
また、温泉施設での露天風呂では要注意ですので掛け湯などをしてから
お湯につかりましょう♥
もちろん、足元にもお気をつけて♬

投稿者:O
コンテントヘッダー

【大樹】素敵なお花♡

今朝、常務よりとてもおしゃれなお花が届きました
111.jpg


変わった花瓶にいけてありとても目をひきますねv(o゚∀゚o)v
常務がいけてくださったそうです
ありがとうございます!

さて、最近の大樹町は朝晩とても冷え込みストーブが欠かせなくなってきました。
それと同時に風邪症状の患者様も増えてきたような…
季節の変わり目みなさま体調管理には十分お気を付けください

♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪
インフルエンザワクチン接種予約開始中~!
接種は10月23日から~!
♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪。゚o。(★・ω・)人(・ω・★)。o゚。♪

投稿者:F
コンテントヘッダー

【大樹】開院17周年☆インフルエンザワクチン

大樹町 森クリニックは平成12年10月1日に
開院し来週ではや17周年です(^∇^)ノ

社会福祉法人 光寿会 ひかり 様より
お花が届きました
20170925_135601.jpg

ピンクや赤がとても鮮やかで目をひきますね
ありがとうございます!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

そして、森クリニックではインフルエンザワクチン接種の
ご予約を10月2日より開始いたします。
助成対象などは以下のポスターでご確認下さい。
20170925_135308.jpg


ご不明な点などはお気軽にお問い合わせください。
大樹町 森クリニック 01558-6-5811

投稿者☆S

コンテントヘッダー

【大樹】透析患者様も熱中症に注意

37℃を越えた日もあった異常に暑かった7月が過ぎ、8月になりました。
なんとなく秋の気配も感じられる昨今ですが、日によってはまたあの暑さが再来するかもしれません。
ところで、透析患者さんは熱中症になるのでしょうか?
確かに排尿が少ない透析患者さんは脱水症にはなりにくいのですが、体内に熱がこもることで様々な症状が起きる熱中症は健常な人と同様に可能性があります。気温が高めの日はお部屋の換気を十分にし、室温が高くならないようにすること、日中の外出は避け、大量の発汗があったときは十分に水分を取る必要性は透析患者さんも例外ではありません。
free-illust47013[1]


投稿者S
訪問者
プロフィール

もりはぁと

Author:もりはぁと
医療法人社団慈弘会
☆森クリニック
 大樹町字大樹6-22
☆内科・循環器
 ハートサウンズもりクリニック
 帯広市西18条南3丁目1-21

最新記事
月別アーカイブ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。