コンテントヘッダー

【大樹】透析患者様も熱中症に注意

37℃を越えた日もあった異常に暑かった7月が過ぎ、8月になりました。
なんとなく秋の気配も感じられる昨今ですが、日によってはまたあの暑さが再来するかもしれません。
ところで、透析患者さんは熱中症になるのでしょうか?
確かに排尿が少ない透析患者さんは脱水症にはなりにくいのですが、体内に熱がこもることで様々な症状が起きる熱中症は健常な人と同様に可能性があります。気温が高めの日はお部屋の換気を十分にし、室温が高くならないようにすること、日中の外出は避け、大量の発汗があったときは十分に水分を取る必要性は透析患者さんも例外ではありません。
free-illust47013[1]


投稿者S
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

訪問者
プロフィール

もりはぁと

Author:もりはぁと
医療法人社団慈弘会
☆森クリニック
 大樹町字大樹6-22
☆内科・循環器
 ハートサウンズもりクリニック
 帯広市西18条南3丁目1-21

最新記事
月別アーカイブ
リンク